創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

事業計画書を作成する目的とは


ee088e46a78a01dd816630423d0d08dc_s

創業時の資金調達手段の一つとして、創業融資を利用することがあげられます。

融資を受けるには、申し込む際に提出する事業計画書や、担当者との面談によりビジネスとして成功する可能性があると判断されることが必要です。
事業計画書を作成する目的を、単純に「融資を受けるため」と考えていませんか?
もちろん、資金調達先の金融機関に対して、事業内容やその実現可能性を客観的に説明(説得)するツールとして、事業計画書は欠かせません。

事業計画書には、もうひとつの重要な役割があります。
それは、「自分」のビジネスの成功を、実現まで導いていくことです。
漠然とした事業イメージを「事業計画」として書面にする過程で、少しずつ計画の客観性を高め、「自分」の課題を発見し、「自分」がやるべきことを明確にします。
事業計画書は「他人(金融機関、出資者、取引先等)」のためだけではなく、「自分」のために作るものでもあるのです。

事業計画書の作成に必要なものは、「こうしたい」という希望ではありません。
作成するにあたっては、さまざまな観点からビジネスを見ていくことが必要です。
その事業のために、いつまでに何を行っていくのか、そしてどんな結果が得られ、事業が成長していくのかを、市場の環境も含めて明らかにしていくことが求められます。

つまり、事業計画書は、自分が考える事業構想を体系的に整理し、ビジネスとしての実現可能性をシミュレーションするために欠かせないツールです。

当然、そのシミュレーションの過程で、問題があれば修正を重ねます。
そうして、ビジネスの成功へと一歩一歩近づくことができるのです。
これが、本来の事業計画書の目的ともいえます。

では、融資を受けるために、事業計画書をどう役立てるべきでしょうか。
融資の審査の最初のステップは、事業計画書です。

融資に成功するには、自分の事業計画とその実現性、そしてビジネスに対する熱意をいかに担当者に伝え、納得させるかが重要なポイントとなります。
日本公庫では、信用や実績のない創業の段階でも融資を受けることができます。

そのため、必要事項を埋めただけのような、ありきたりな事業計画書では到底審査に受かるのは難しいでしょう。

「自分」のために作成した熱い想いの詰まった事業計画書であれば、十分に他者を説得するリアリティがあります。
是非、皆さんも「自分」のための事業計画書を作ってみてください。結果として資金調達の成功もついてきます。


カテゴリ

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略