創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

誤った意思決定をしないために


2

日本政策金融公庫総合研究所の「2010年度新規開業実態調査」によると、開業後1年以内の企業の約7割が、創業前に目標としていた月商を下回ったという結果が出ています。

目標とする月商を下回った原因はいくつかありますが、そのうちの一つが、不十分な市場調査によるものと考えられます。市場調査が不十分であると、事業に関する意思決定において、誤った意思決定をしてしまい、正しい決定からの成果と、誤った決定からの成果の差、すなわち機会損失が生じてしまいます。機会損失をなくすためには、マーケティング・リサーチを事前に行うことが大切です。

マーケティング・リサーチとは、消費者が本当に望んでいるもの、本当に魅力を感じていただけるものを作るための情報を科学的に集め、分析し、商品計画に反映させていくことです。

新しい製品の開発やサービスを開始する場合は、消費者が求めているものの特性を明らかにするだけでは十分ではありません。適正と思われる価格を設定し、より効果的な流通経路を選択し、さらにはその製品やサービスの認知度をあげるための効果的な宣伝戦略を練ることも必要です。

マーケティング・リサーチには時間と費用がかかります。しかし、意思決定を手助けし、高い確信を持って事業を開始することができ、事業失敗の可能性を軽減することができるのです。




カテゴリ

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略