創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

困難を乗り越えた先にあるもの


b2b0146af47d92a840d76f5d1e25cd9c_s

創業をお考えの方の中には、創業をしたいという願望はあるけれども、これから先の困難を考えるとなかなか踏み切れない方が多いと思います。

ある古人の法律家は、こんなことを述べています。
「困難は、乗り越えるためにある。1,000回憧れるより、一度でも勇敢に試してみるほうがずっと価値がある。
だから、ただちに困難に取り組め。実践しているうちに、それを克服するうまい方法も見つかるはずだ。努力を繰り返せば、力と勇気が湧いてくる。」

実際、私が担当をさせて頂いたお客さまのなかにも、同様のことをおっしゃっている方がいました。その方は、20年間主婦をしていた後、3年前に一念発起して創業されたという方です。
「ずっと以前から飲食店の経営をしたかったのですが、育児や創業後の困難を考えるとなかなか創業に踏み切れませんでした。

しかし、人生は一度きりですし、後悔をしたくないとの思いから創業をしました。
創業後は困難の連続でしたが、一つ一つ問題が解決されるたびに表現のしようのない喜びがあります。」と先日お会いしたときに語って下さいました。

願望や欲求だけでは成し得たいことは成就しません。明確な目標を持ち、困難を乗り越える努力を行うことで、成功が見えてくるのだと感じた次第です。

とは言いましても、やはり新しい環境に飛び込んでいくことに少なからず不安を感じる方もいらっしゃるでしょうし、自己資金に影響が及ぶリスク、融資が受けられるかという不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。
創業に関する不安は少なからず付きまとうものです。口では簡単に言えるけれどもと感じる方も少なくないでしょう。

ですが、やらなければ始まらないというのもまた事実。
そういった不安が大きい方は、自分一人で悩むのではなく、周りや第三者に相談してみるというのもひとつかもしれません。
特に、家族や友人とは違う第三者目線をとり入れることによって、創業するべきか否か、場合によっては自信に繋がる場合すらあります。
さらに、創業するにあたってのきっかけとなるかもわかりません。

創業をしたいけれどもどうしても不安がぬぐい切れないという方は、いつまでもリスクとリターンばかりを天秤にかけるのは終わりにしませんか。
ときには、行動を起こすことも重要です。行動を起こすのに後押し必要だという方は、困難を乗り越えた先にどのような未来があるのかを想像してみてください。周りの協力と合わせて、そうした想像上の未来は自身にパワーを与えてくれるはずです。



カテゴリ

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略