創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

「節約」


437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

創業資金には「節電」ならぬ「節約」の意識が重要です。
なぜなら、創業資金を抑えれば、余裕資金が万一の備えになるだけではなく、次の投資に向けた準備もしやすいからです。

日々の事業活動では、売上から仕入や経費を差し引いたものが利益となりますが、その利益から創業時の投資コストを回収していかなければなりません。つまり、この投資コストを回収するまでは、本当の意味での「利益」は生まれてこないのです。
しかし、なんでもかんでも安く済ませればよいということではありません。ポイントを絞って「節約」していくことが大切です。

例えば、飲食店であれば、厨房機器のすべてを新品で揃えるのではなく、一部を中古品やリースで対応することで、創業資金の節約ができるのです。
 
「節約」の意識がないまま、安易に金融機関からの借入に頼ってしまうと、その返済負担に追われることになり、資金繰りが苦しくなるだけではなく、新たな投資のチャンスを失うことにもなります。

創業前に、もう一度、「節約」を意識して投資計画を見直してみてはいかがでしょう。


カテゴリ

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略