創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

自社だからできることを・・・


e42d16feb6b79cee3afc01c8be9af179_s

バンクーバーオリンピックで、日本が獲得したメダルは5個(銀3個、銅2個)。
金メダルこそありませんでしたが、選手からは多くの感動を与えてもらいました。


そのなかで、日本最後のメダルとなった競技がスピードスケート女子団体追い抜き。スピードスケート唯一の団体戦です。

2チームが3人1組で縦に並んで滑走し、先に最後尾の選手がゴールしたチームが勝利するルール。各選手のタイムだけでなく、滑りながら先頭の選手を入れ替える技術やチームワークも勝敗を分けるポイントです。

各選手の総合力では海外勢に及ばない日本チームですが、先頭選手の入れ替えなどの細かな技術と息の合った滑りで力の差を埋めて勝ち上がり、最終的には銀メダルを獲得しました。


創業後、皆さんの周りにも事業規模や体力では到底かなわないような競争相手が存在するケースがあると思います。
残念ながら、真っ向勝負を挑んでも結果は見えています。そこで、小企業ならではの工夫や発想を活かした商品やサービスで、規模や体力の差を埋める必要があるのです。

例えば、顧客の要望には即日対応する、
     小口の受注にも柔軟に対応す、
     アフターサービスを充実させる、

マニュアル的ではない細やかな接客を提供する・・・など、いろいろ考えられそうです。

スケート同様、事業も体力だけの勝負ではありません。事業規模では劣っても、ある一定の地域や分野において大企業と対等以上に渡り合っている小企業は数多く存在します。

ビジネスプランを策定する際には、どんなに小さなことでも構わないので「自社だからできること」という切り口で、商品やサービスの内容を検討してみることをおすすめします。

日本公庫では、全国152支店、15ヵ所にある「創業支援センター」、3ヵ所にある「ビジネスサポートプラザ(予約制の夜間、土曜・日曜相談を行っています)」でビジネスプランの作成段階からのご相談に応じています。お気軽にご相談ください。

「創業融資」に関する資料のご請求は→→→ こちらへ


カテゴリ

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略