創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

差別化とは


3baae821deee5aa3f1f273d882075033_s

経営資源の限られている中小企業は「差別化」を図るべきという話をよく耳にしませんか。

ここでいう差別化とは「他社と違うことをする」ということですが、ビジネスプラン策定段階で、既存の事業者と完全な差別化を図ろうとして、悩んでいる方も多いようです。そこで、「差別化」を「“自社でできること”を上手に組み合わせて、他社と違うことをすること」と考えてみてはどうでしょうか。“自社でできること”とは、商品・サービス・技術などに限らず、経営上の工夫でも構いません。

例えば、「他社にはない品揃えにする」、「店づくりを工夫する」、「納期管理を徹底する」など、どんなことでも構いません。これらは一見すると基本的で簡単そうに見えますが、“当たり前”のことを“当たり前”に徹底できることは、それだけで高い経営力があると言えます。さらに、“当たり前”のことを積み重ねることが経営力の差となり、差別化につながっていきます。

これから創業される方も、すでに創業されている方も“自社でできること”を見つけて、差別化に取り組んでみてはいかがでしょうか。


カテゴリ

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略