創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

今がチャンス!? お得な制度で、金利負担の少ない創業を目指しましょう!


855万円。

 これは、創業時に必要とする設備資金(土地購入資金を除く。)の平均金額です(日本政策金融公庫総合研究所『2009年度新規開業実態調査』より)。

 規模の大小はあるにしても、事業を始めるには一定の設備投資が必要であり、そのための資金を事前に準備しなければなりません。

 全てを自己資金で賄うのが理想ですが、実際には、多くの創業者が、金融機関などから調達しています。

 しかし、金融機関から資金を調達する場合には、どうしても避けられない問題があります。

 それは、『金利負担』です。調達金額が大きくなればなるほど金利負担は増大し、創業後の経営に悪影響を与えかねません。

 

 そこで、このような悩みを抱える皆さまへ、お得な情報があります。

 現在、日本政策金融公庫 国民生活事業では、デフレの進行に伴い実質金利上昇の下で抑制されている設備投資の下支えを図るため、設備資金の当初2年間の利率を0.5%(年利)引下げる『設備資金貸付利率特例制度』をお取り扱いしています(22.7.5現在(注))。

 本特例制度は、既に事業を始められている方に限らず、これから創業する方にもご利用いただけます。

 

 創業をお考えの皆さま。

このチャンスを逃さず、金利がお得な本制度を上手に活用し、金利負担の少ない創業を目指しましょう!! (日本政策金融公庫 創業支援部 藤見)

(注)本制度の取扱期間等について、くわしくは、支店(国民生活事業)の窓口までお問い合わせください(当該特例制度を適用できない貸付制度が一部ございます。また、審査の結果、お客さまのご希望に添えないことがあります。)。

 

「創業融資」に関する資料のご請求は ≫≫≫  こちら