創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

当公庫では女性起業家を応援しています


 最近の雇用情勢は厳しい状況にありますが、この状況を緩和するためにも、起業家の輩出による新たな雇用の創出は重要です。また、少子・高齢化に伴う本格的な高齢社会の到来を前にして、女性も重要な労働力とみなされており、女性による起業も促進していく必要があります。しかし、女性の場合、社会的制約により資金調達面で困難を伴うケースも少なくありません。
 こうした資金調達面での制約を緩和することを目的とし、当公庫では「女性、若者/シニア起業家資金」という融資制度で、起業意欲のある女性が行う事業活動を支援しています。取扱を開始した平成11年4月から平成20年10月までの累計融資件数は39,357件となっており、多くの女性起業家にご利用いただいています。

 当公庫が実施している「新規開業実態調査」によると、創業動機を「仕事の経験・知識や資格を生かしたかった」とする方は男女とも多くなっていますが、「年齢や性別に関係なく仕事がしたかった」という創業動機に関しては、女性が男性を大きく上回っています。「社会で活躍したい」という願望を実現するために、起業を選択する女性も多いのかもしれません。
 当公庫は、これからも積極的に女性起業家が活躍するためのお手伝いをしていきます。全国152支店のご相談窓口、全国16ヵ所に設置されている「こくきん創業支援センター」、全国3ヵ所に設置されている「こくきんビジネスサポートプラザ」にお気軽にご相談ください。〔平成20年7月に、女性職員のみで構成する「融資第三課(愛称:チーム“f(エフ)”)」を横浜支店に設置し、女性ならではの感性や能力をいかしたお客さまサポートにも取組んでいます。〕(日本政策金融公庫 創業支援部 永沼)