創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

10月1日 政策公庫 誕生。


 来る平成20年10月1日、当公庫は農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行(国際金融等業務)と統合し株式会社日本政策金融公庫(略称:政策公庫)となります。

 最近、公庫のセミナーや窓口相談などで必ずといっていいほど、「公庫は民営化されるの?」といった質問を受けます。答えはもちろん「NO」です。「株式会社」になるので民営化されるとのイメージをお持ちになる方もいるかもしれませんが、政策公庫は、国が株式の全部を常時保有することが法律で定められており、民営化するということではありません。政策公庫が株式会社の形態をとるのは、株式会社のガバナンスの仕組みを活用して透明性の高い効率的な事業運営を行うためです。また、国民公庫がこれまで担ってきた小企業のみなさまへの小口の事業資金融資や創業支援など、「小企業金融の専門店」としての融資機能はそのまま政策公庫に承継されます。

 当公庫の創業融資は毎年年間2万企業以上の創業企業にご利用いただいています。統合後も創業支援のフロントランナーとして、全国152支店のご相談窓口、全国16ヵ所に設置されている「こくきん創業支援センター」、全国3ヵ所に設置されている「こくきんビジネスサポートプラザ」でみなさまからのご相談をお待ちしております。(創業支援部 江原)