創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

ホーム創業Q&A小売業>個人小売事業における商号登記について

個人小売事業における商号登記について


個人事業主の形態で小売店舗で起業を考えている者ですが、初めて質問します。
1.店の屋号を考えていますが、その屋号をほかの店にまねられたり、使われたりしないように登録する方法はありませんか?
2.店でデポジット制や地域通貨の利用システムを取入れようと考えています。そのシステムの内容や名称を登録する方法はありませんか?

A 回答

御相談にお答えします。
1.店の屋号を考えていますが、その屋号をほかの店にまねられたり、使われたりしないように登録する方法はありませんか?
同一の市町村内において、屋号(商号)をほかの店にまねられたり、使われたりしないように登録する方法としては、「商号登記」があります。会社の商号の登記だけでなく、会社組織としてではない「商号」のみの登記をすることができます。登記をすれば、同一市町村内で独占的排他的にその商号を使用することができます。その商号登記の制度としては、同一市町村内で、同一又は類似の商号を登記することができないことになっているからです。もし商号のみを同じ又は類似の商号で登記しようとしたり、法人が同じ又は類似の商号で同種の営業をおこなうことを、登記しようとした場合、法務局の登記官が不可の判定を出すことになります。
登記にプラスしてその他の手段としては、商号そのものを「商標登録」すると良いでしょう。商標法によって保護されます。(話題になった「阪神優勝」はこれです)
2.店でデポジット制や地域通貨の利用システムを取入れようと考えています。そのシステムの内容や名称を登録する方法はありませんか?
これも、お店におこなうサービスを「商標」として名称を付けて、「商標登録」することが良いと考えます。(鈴木さんの場合はサービスマーク−役務の提供)
最後に、登記は管轄の法務局にて、商標登録は特許庁に申請することになります。
方法としては、この2点になるのではないでしょうか。