創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

ホーム創業Q&A小売業>同業で独立する際の注意点について

同業で独立する際の注意点について


現在勤務している花屋をやめて、来年中に独立したいと考えています。
売上げ目標は月90万〜100万と計画しましたが、どのようにして目標金額達成しようかと考えている所です。
また、今の社長にもまだ独立の意志を話していません。どのような切り出し方が適当でしょうか。同じ市内で同業での独立なので、うまく伝えられなければ足を引っ張られることもあるかと思います。
店舗の立地条件なども悩みの種です。
何もかも一人で決めなくてはならないので、冷静なアドバイスがあるととても助かります。

A 回答

まず、不安に思っていらっしゃるのは次のようなことではないでしょうか?

1.独立を社長に切り出すタイミングが図れない
2.独立後、現在の社長から嫌がらせなどを受ける可能性が捨てきれない
3.売上や経費が計画通り運ぶか不安

まず、花屋さんに限らず、独立すなわち退職を切り出すのは勇気がいりますし、大変不安に思うこととお察しいたします。

我々税理士でも、職員時代の担当先を独立と同時に持って行ったりすると、「あいつは恩を仇で返した」
などと言われ、挙句に悪評を立てられたりすることも、ままあります。同じ街での独立をお考えになっていらっしゃるのですから、その辺りがご心配なのではないでしょうか?

我々が独立する際によく使う言い訳は「病気」です。病気で仕事が続けられそうもないので、辞めて実家に帰る・・・などと言ったことを理由にします。

しかしながら、今回の場合は、この言い訳はお止めになったほうがよろしいと思います。これはご自身の方が十分にお分かりだと思いますが、我々と違って花屋という商売の場合、仕入ルートを潰されたり、口コミで悪評を立てられたりすると、それは花屋にとっては致命傷になってしまいますので、できる限り、今の社長様ととトラブルを起こさずに円満退社をなさるよう、努力するべきです。

今回、私の知り合いの花屋さんにも改めてお話を聞いてみましたが、花屋の世界では、いくら円満退社のように見えても、多少は、悪口を言われて邪魔をされるのが常とのことです。ですので、独立をお考えになっているのであれば、ある程度悪く言われることは覚悟のうえで、準備をなさるしかないかと存じます。
ただ、それでも可能な限りは円満退社をするように努力なさってください。今の社長のやり方を決して批判することなく、自分独自で考え出したやり方を自分でやってみたいのだ・・・といった具合の話の持って行き方などはいかがでしょうか?

ところで、独立後の数字の見込みは、慎重になさってください。現在おっしゃっている売上げ目標の月90万〜100万というのは、どういった根拠に基づいているものでしょうか?

お考えになっているお店の特色(花の販売量、構成)で、家賃、水道光熱費、通信費などの固定経費がカバーできるかどうか、何度も何度も計画をシミュレートしてみて下さい。これは何度やってもやり過ぎと言う
ことはありません。計画を推敲するなかで、自分の立てた計画の不備を見つけられれば幸いです。実際の事業に挑む前に、その解決方法を見出してください。

ご案内のように、花屋の場合は仕入れルートの確保が生命線です。独立後に安定的に商品を確保できるルートを、できれば今のお勤めになっているところのルートとは別なルートを、作っておくことをお勧めいたします。

回答は以上ですが、お役に立てましたでしょうか?