創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

ホーム創業Q&Aサービス業>整体業においての確定申告について

整体業においての確定申告について


整体業を営むものです。確定申告、経費の考え方についてお教え願えますでしょうか?よろしくお願いいたします。

1:会社員の子が、週末にアルバイトに来ているのですが、その子は確定申告をしなくてはいけないのでしょうか?

2:通勤用の自動車の取得、ガソリンなどは経費に含めるのでしょうか?

3:近隣の電などを使った際の交通費は経費になるのでしょうか?領収書などは無いと思うのですが。

4:同業者との打ち合わせ時の飲食代は、経費にはならないのでしょうか?

5:青色申告の方がお勧めなのでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします!

A 回答

1:副収入が貴殿からのアルバイトである場合には2カ所目の給与所得になり、確定申告の必要 があります。
2:事業遂行上、発生した費用は必要経費に認められます。ただし、自動車は固定資産になるの で、減価償却を通じて費用化されます。なお、減価償却費やガソリン代等の維持費の内、私用 部分があれば、その部分は経費から除外しなければなりません。
3:「近隣の電など」の意味が不明ですが、業務上の交通費であれば、当然に認められます。領 収書がなくても、業務日誌等で客観的に説明が付けば、計上されてはどうでしょう。今後は、 Jスルーカード等を利用する等の工夫をさらたらいいのではないでしょうか。
4:打合せの内容や支出金額にもよります。定期的な研修や業務上必要不可欠な会合に伴うも のであれば、認められる余地はあります。領収書に打合せ内容・時間帯をメモする位の慎重さ が欲しいものです。
5:一概に青色申告がお勧めとは言い切れませんが、青色申告特別控除や、青色専従者給与 が経費になる事を考えると普通は節税に繋がる場合が多いと思います。