創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

ホーム創業Q&A小売業>雑貨FCオーナー業開業の融資について

雑貨FCオーナー業開業の融資について


全国展開の雑貨店のFCオーナーに応募して研修待ちの状態です。
研修後、仮契約時200万の保証金を支払う必要がありオーナー報酬はオーナーとして運営した月の翌月末に支払われるので、1ヶ月分のアルバイト人件費(約45万)電話光熱費(約6万5千)が必要になります。店舗家賃、商品代金は本部供給なのでかからず残りが生活費になります。
住居は現在仙台で関東に居所を変更しなければならずその費用を考えると、FCに使える自己資金200万なので運転資金、その他予備として150万の融資申込を検討しております。

質問
1.自己資金半分の100万しか借りられないのか。
2.保証人は見つけるのが難しい。
3.担保は主人の持ち家(地代は別名義)は利用できるか。
4.営業は東京か神奈川になるので居所変更後現地の窓口での申請か。
5.個人事業主として私の名前で開業届けを出したほうが女性起業として融資は主人よりも受けやすいのか?
6.私の名前で個人事業開業後、現在無職の主人も別業種で起業する場合、別に主人の名前で開業しなければならないのか、一緒でかまわないのか。
以上、教えていただきたいのでよろしくお願いします。

A 回答

この度は、相談いただきありがとうございます。
早速ですが、質問を引用して回答いたします。

①自己資金半分の100万しか借りられないのか。
こちらに関しては、そのような制限はありません。
自己資金は少なくとも借りたい額の半額くらいは用意する必要があったりしますが、半分しか借りられないといった規定はないです。
その他融資というのは、自己資金だけでなく、事業計画、担保・保証人の有無等を総合的に判断していくら融資するのかを決定するので、そのような規定は無いです。

②保証人は見つけるのが難しい。
これは、場合によっては信用保証協会という機関を活用できる可能性があります。
これは、保証人がいない場合等にかわりに保証人になってくれる制度です。
ただし、要件は厳しいですが。

③担保は主人の持ち家(地代は別名義)は利用できるか。
これは利用できると思います。必ずしも申込者名義である必要は無いです。
ただ、申込者との関係を証明する書面等をつけることになると思います。

④営業は東京か神奈川になるので居所変更後現地の窓口での申請か。
その方が望ましいと思います。基本的に、担当者が決まっていろいろやりとりをすると思うので、営業拠点のもよりの支店を選択するのがよいでしょう。
営業開始後も融資を受ける場合はおつきあいが続くと思いますので、近くが良いと思います。

⑤個人事業主として私の名前で開業届けを出したほうが女性起業として融資は主人よりも受けやすいのか?
女性起業家であるから融資をうけやすい、といったことはありません。
融資をうけるには、いくつか条件があってそれを満たした上で、審査を受けて決定します。
その条件の中には基本的には女性起業家であることが望ましいといった条件はありませんので。
基本的にポイントとなるのは、以下3点です。

1.事業計画
2.保証人、担保の有無
3.自己資金が多少あるのか

中には、無担保無保証融資制度もありますが、基本的にこの3つを総合判断して決定するようです。
ただし、日本政策金融公庫には 女性、若者/シニア起業家支援資金という、女性と高齢者に対する融資制度もありますのでこのような制度を活用される場合はご主人さまではなく、ご本人様が申し込んだ方がよいでしょう。

⑥私の名前で個人事業開業後、現在無職の主人も別業種で起業する(屋号別)の場合、別に主人の名前で開業しなければならないのか、一緒でかまわないのか?
屋号が別の場合は、基本的に別の業者になりますから、お二人とも個人事業主登録をした方がのぞましいでしょう。
ただし、会計処理を同じにする場合は、(要するに同じ財布を使う場合)は、ごちゃごちゃにならないように、きちんと区別することがポイントです。

それぞれが個人事業主登録をする場合は、税金もそれぞれかかるので、売り上げが上がらないうちは、最初は一緒に始めたほうが税金上は節税にはなると思います。
ご主人様に、給料を払えば、経費として控除できますし。

最後に、実際に融資を受ける場合の流れですが まずどのくらい開業資金が必要なのかという具体的な額を明確に出す事からはじめてください。
担当者に提示できませんし、きちんとした根拠があると説明しやすいので。

つぎに、事業計画は詳しければ詳しいほどよいです。
そして、単なる計画だけではなく数字の裏づけのある事業計画であることがポイントです。
事業計画が甘いと、指摘されますし、融資をうけにくくなります。

そしてある程度まとまりましたら、窓口に直接話を持っていくのが一番早いと思います。
そうすると、担当者から相談に来てくださいとか、書類を準備して下さいといった指示があると思います。
それにしたがって動くことになると思います。