創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

ホーム創業Q&A飲食業>従業員の意識改革について

従業員の意識改革について


私は中心部商店街で中国料理の飲食店をやっています。
他の地域に比べて大変恵まれた土地で商売をしておりますが、この何年かで中心部の空洞化が深刻さが増し、我社も散々な経営状態となっています。
我社は飲食店ですので、昼間はサラリーマンの方々がメインのお客様です。でした。になりますでしょうか。
近隣の会社は、いつからか移転してしまい、随分と少なくなりましたので、近くのデパートのお客様にターゲットを変えております。ご年配の女性が多いものですので、デザートサービスや、来店者に対しての割引券の配布を実行しております。同じ様なサービスは何処でもやっておりますので特別な効果は上がっていない様にも感じますが、お客様との対話がし易くなりました。来店促進として割引券は、3回使用して頂きますとプレゼントを差し上げております。
夜に関してはこれが又ひどい物でして、お徳感を増すようにとSETメニューが夜の売りとして長年やってまいりましたが、SETでオーダーが終わってしまいますので、単価が上げられません。アルコールの販売もメニューを色々と変えて来ましたが何処にでもある飲料なので、お客様の興味を引いていない事が現状です。
料理については、私自身は美味い物を提供しているつもりです。但し、味とスタイルが場所柄と現在には合っていない事が自身感じる事があります。が、定番のスタイルだってアリ!と、言う考えも有ります。私がオーナーシェフでない事が料理に関してマイナスで、イメージが伝えきれないままメニューとして採用しているので、職人の方々に私の気持ちが伝わらず、坊ちゃんが言うからやってやるか!と言う感も感じられます。
従業員は変化をもっとも嫌います。何度となく10年前と同じ事をやっていてはダメだ!と、言っています。仕入、仕込み、指導に関してです。料理に付いては継続することも大事ですので、守る所と壊す所の話を親方とは毎日繰り返し話をしています。嫌になる位続ければ変えられると思っているからです。給料を下げて危機感を持たせる様な卑怯な真似はしたくありません。
意識改革と企画能力アップを考えています。訳の解らない相談になりましたが、何か一つアドバイスをお願い致します。

A 回答

日々お店のため、お客様のためとご苦心のご様子が伝わってきました。
ビジネスコーチとしての視点からご自身の次の行動が明確になるサポートをさせていただきます。

まず、ご相談の内容で明確にしたいことがいくつかあります。
●意識改革と企画力UPをしたい対象はどなたですか?
親方ですか?ご自身ですか?社員皆様でしょうか?
●意識がどのように変わって欲しいですか?
意識改革後の社員やお客様の笑顔がイメージできていますか?
そこには、今と違う「なに」がありますか?どんなことが出来ている状態ですか?
●サービスやメニューを100%イメージどおりに確実に落とし込んでくれる職人がご希望ですか?
それとも、一緒にアイディアを出し合いながら合意とお互いの承認のもとに商品に落とし込んでくれる職人がご希望ですか?
●お店の「売り」は何ですか?これだけは他に負けないと思えるものは何ですか?
このお店だからこそのいい点はなんですか?
他の店と同じ商品同じサービスでも、ご来店下さるお客様は何に満足されていらっしゃいますか?
地の利以外のメリットは何ですか?

これらの質問をご自身や社員の皆様と出し合うだけでもなんらかの成果が得られると思います。

【意識改革】
従業員は変化をもっとも嫌います。何度となく10年前と同じ事をやっていてはダメだ!と、言っています。
<中略親方とは毎日繰り返し話をしています。嫌になる位続ければ変えられると思っているからです。

●変化を嫌うのは従業員だからではなく、人間にとって当たり前の防衛本能です。
変化にチャレンジするには、この変化がこんないいことに繋がっているという変化後(達成後)のイメージ= 喜び楽しみメリットに繋がっていることを理解してもらう会話を意識することはとても効果があります。
「変化したい」「変化したらこんないいことがあるんだ」という会話が変化をもたらします。
●10年前と同じではだめだ!と感じるのはどんなことろですか?
10年前と同じだからこそいい!と感じるのはどんなところですか?
●ほんの小さな行動でも「変化」と思えることはどんどん承認してあげてください。

【企画力】
先の質問にも書きましたが、企画力をUPしたい対象を明確にしましょう。
アイディアの引き出し方、思考の拡大の仕方など、沢山のやり方方法があります。
接客業であれば、経営サイドのみならず現場を巻き込んでアイディアの相乗効果を狙う方法が一番効果的でしょう。
まずは、どんな小さなアイディアも受け取ってあげてください。
小さなことでも「出来た、自分のアイディアで店が動いている」と思えるところからその人のお店(お客様)に対する視点は変わります。

●ある会社社長が営業会議の席で「何でも言ってくれ」と言いながら、社員の発言をことごとく否定しました。
いわく「他でやってる」「そんなの意味ない」「金がかかる」「古い」・・・
ご自身はいかがですか?「なるほど」といったん受け取ることをされていますでしょうか?

アイディア(企画力)を引き出すためにはその目的(意図)を具体的に伝えることをしましょう。
ただ「集客力UP」ではなく、商品開発かサービスか広報か新規開拓かリピーター増か・・・
その結果としての集客力UPです。