創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

ホーム創業Q&A飲食業>揚物屋開業における店舗契約の判断基準について

揚物屋開業における店舗契約の判断基準について


個人事業で揚物屋(薩摩揚屋)を開店予定しております。現在、店舗建設用に、売土地物件を探しているのですが、店舗用の土地を購入する際、知っておかなければならない事柄を教えて頂きたいのですが。。。例えば、その物件に、水道管は通っているのか、トイレの浄化装置は必要で、いくらぐらいかかるのか等など。。。その他、不動産屋とやりとりする際の確認事項などあれば教えて下さい。

A 回答

まず購入土地の隣地との境界は明確か(例えば隣地の方と立会境界を確認しているかどうか)。境界に争いはないか確認されたらよろしいかと思います。
まず実際に行う事業を不動産屋に伝えて探す必要があるでしょう。行う事業によってはその事業がその地域で出来ない場合もあります。その他の不動産屋への確認事項としては、土地購入の際、不動産屋は「重要事項説明書」というものを読み上げ説明し、購入者に交付する義務があります。重要事項説明には土地取引に関することが網羅されております(例えば水道のことガスのことも説明事項に入っております)。その際不明な点、確認したい点は分からなくて当然ですので納得するまで説明してもらい、納得しないと重要事項説明書に印鑑を押さないくらいの気持ちでされたらよろしいかと思います。
費用についても、例えばローンを組むのであれば、不動産屋の見積書にローン手続き代行料等がある場合は、ご本人で銀行に行って手続きすればその費用はかかりません。どういった土地かは見てませんので分かりかねますが、高価な買い物なのでどんな些細なことでも納得いくまで説明してもらうことが大事だと思います。また、値段交渉もされたらいいと思います。